Topic Path

トップ > タグ「オルタナ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Building Nothing Out Of Something

えーと、またNothingとSomethingがタイトルにありますが、気にしないように。もうこれは青空球児好児の「ゲロゲ~ロ」と一緒です。

一聴したときの印象は、「可愛いな」と。

焦点が定まっているということなのか、ぎゅっと詰まった楽曲でもともと持っていた透明感が強調されて、壊れやすいおもちゃのオルゴールをひとり愛でているような、危うい美しさがある。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック

あぶらだこ(7:舟盤)

コンセプトアルバム?あぶらだこが?ちょっと信じられなかったが、確かにコンセプトアルバム。全体に一貫した雰囲気と流れがある。

もともと相当に敷居の高い音楽(音楽ぅ?)だ。コンセプトアルバムという形式は、その敷居を更に高くしてしまったが、もはやそんなの世間的にどうこういう問題じゃないから、まぁよしとするか。その代わりと言っては何だが、音がメタクソに良い。こんなクリアな音、ちょっと今までになかったと思うくらい。それを体験するためだけに聴いてみてもいいと思う。

続きを読む


テーマ : オルタナティブロック日本代表

あぶらだこ(6:穴盤)

大國正人(Gt.)の本性が現れた。と言っても、それは狂暴性とか、全てを持っていくようなものじゃなくて、もっと”渋い”ものだ。

さらに、それは大國のというより、その新たなサウンドの方向を呼び水としたヒロトモはじめとしたメンバー全員の人間性をも反映したものとも言えないだろうか?

続きを読む


テーマ : オルタナティブロック日本代表

あぶらだこ(5:月盤)

久しぶりに突っ伏して動けなくなったっけ。だって『ど宴会錦』ですよ。全身に力が入らなくなりますよこれじゃ。

前作のジャケで魚を見せていたギタリスト・和泉明夫が脱退してしまった。代わって入った大國正人は「ワウ・ペダルを使う」と聞いており、一抹の不安もあった。たしかに少々メタリックなサウンド・プロダクション。でもそんなのすぐにどうでも良くなった。やっぱり、あぶらだこがメタルになる筈がなかった。

2010.12/7 ヘラブナ?を釣ったのはドラムの伊藤さんでした。素で間違えました。ご指摘ありがとうございました。

続きを読む


テーマ : オルタナティブロック日本代表

あぶらだこ(4:釣り盤)

あぶらだこの歴史ではかなり異端な作品だということはわかる。長谷川裕倫(Vo)も後にこの作品に対する不満を吐露している。でも個人的には完全ノックアウトされた作品だ。

小町裕(Ba)の「初めて使った」というフェンダー・プレシジョンベースを、ブンブンに歪ませたパワフルさにやられた。ついでに(時代を感じさせることだが)ギターもファズやリバーブで厚みが強調され、これまでになくヘヴィで、もう堪りません。

続きを読む


テーマ : オルタナティブロック日本代表

あぶらだこ(3:亀盤)

(3)亀盤 / あぶらだこ

前作に比べれば、割りとまとも。あくまで”比較的”だけど。

何せはじめて聴いたのがこれだ。メタル小僧・ボストンやNY発の極悪ハードコア小僧だった当時、耳に入ってきた音像を理解することすらえらい騒ぎだった。しかも、よりにもよってあぶらだこ。

続きを読む


テーマ : オルタナティブロック日本代表

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。