Topic Path

トップ > タグ「三上ちさこ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Here '05

Here 05 / 三上ちさこ

これもちょっと例外でDVD。

まだライブを体験したことはなく、このDVDではじめて彼女のライブパフォーマンスに触れたのだが、まぁ良い意味で予想通りというか。もともと破滅的な匂いのする彼女の歌から想像できるとおり、暴れん坊である。彼女自身も意識している部分があるのかどうかは知らないが、やはりカート・コバーンとの共通性を感じる。あそこまで攻撃的ではないけれど。

でもやっぱり女性ソロ・アーティストとしてはあまりないタイプだ。マイクは振り回すわ、マイクスタンドは叩きつけるわ、左足怪我してるのにモニタから飛び降りて、這いずって、ケーブル噛むし...それこそハードコアのライブのよう。バックバンドはなかなかの実力派揃い(半分は元ルースターズ)なのだが、そちらとの対比と言う意味でも彼女は「浮いて」いる。

でも、すなわちこれが彼女の『リアル』なのだ。それは、自らの衝動を扱いきれずに暴れ悶えるような姿を観れば感じることができるだろう。ロックは確かにエンターテインメントだし、ショウビジネスでもあるから、その観点では酷いものだろうと思う。だが半ばヤケクソ気味に全世界に向けて発信される自慰みたいな『リアル』が、そのカタルシスの源泉であり、ロックファンを惹きつけて止まない部分でもある。そしてこの自慰は、カタルシスの要件なら完全に満たしているのである。

スポンサーサイト

テーマ : 日本のロック

相対形

相対形 / 三上ちさこ

ちょっと例外的に、マキシシングルを紹介してみる。そんなに好きか!と言ってくれてもいいよ。ああ好きだよ!と答えよう。てか、むしろ言ってくれ。

「相対形」「神の樹」のシングルバージョンは、音が厚く重ねられており、アルバムバージョンに比べ浮遊感・温かみがあり、より好み。特に「神の樹」のアップライトベースのふくよかな音が、イメージにばっちりハマり、素晴らしい。これを先に聴いていたら、アルバムは点数下がってたかもしれない。

続きを読む


テーマ : 日本のロック

Here

ソロ1stはストリーミングでPVを観たものの散漫すぎ、イマイチ食指が動かなかったのだが、このアルバムはジャケからして買う気にさせる。単純に美しい。

そしてサウンドのソリッドさも、いらないものをそぎ落とした「引き算」の結果なのだろうか。焦点がはっきりとシェイプアップされている。そんな美しさ。

相変わらず喉を裂くような唸り・叫びもあるが、なんとなく可愛らしさも感じる。シンガーとしての成長も含めて、fra-foaの2ndで達成できなかった新境地をようやく切り開いたと言えるだろうか。

続きを読む


テーマ : 日本のロック

13 Leaves

いよいよ出るか!と発売日にツタヤへ急ぐも、あまりに三上ちさこ(Vo.)を押し出したジャケに引いたことをよく覚えている。ちょっと恥ずかしい気がしつつも意を決してレジへ運んだこの作品が結果的に彼等の最後のアルバムとなった。

当時はBDBとかレンチがハードコア出身、インディーズサウンドの枠を突き破って変化し始めるなど、ミクスチャー・サウンドがクラブ・カルチャーとクロスオーヴァーし流行っていた時期・・・だったような。その辺を意識したハイブリッド・サウンド、と言えなくもない。内容的にもストレートなラブソングが増え、新境地の開拓を目指したのだろう。

確かに三上の声は少々柔らかくなった。でも人間性まではそう簡単に変わるもんじゃない、というのを歌詞が示している。いや正確には歌詞そのものではなくて、その”行間”か。なんというか、「無理してる」感じを受けるのだ。

続きを読む


テーマ : 日本のロック

宙の淵

宙の淵 / fla-foa

私は元々女性ヴォーカル好きだ。ビョークもアラニス・モリセットもリリー・アレンも宇多田ヒカルも美空ひばりも、ついでにアヴリル・ラヴィーンだって嫌いじゃなかったりする(...)。そんな中でも、三上ちさこだけはちょっと特別扱いなのだ。

なんでかっていうと、「ロック・シンガー」だから。いや、パンクですらあるのかも知れない。

続きを読む


テーマ : 日本のロック

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。