Topic Path

トップ > タグ「和風メタル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

此岸礼讃

2枚組ベストアルバム、そしてこれも2枚組(+DVD付)ライブアルバムが好評で、自信をつけたのだろうか?霧が晴れたように自然に”和風メタル”している。ハイとプレゼンスが出てるのかな?すごく音のレンジが広い気がする。そんなところも含め、一曲目のガリガリなイントロからイケてます。

まぁ、歌詞や世界観的には良くも悪くも”いつもの人間椅子”といったところで、正直苦笑を誘うような部分もある(笑)。だが音がビシッと前に出てきていて、全体の印象が良いのでご愛嬌でどんどん聴き進められた。いや、『阿呆陀羅経』『光へワッショイ』あたりは逆にアホっぽさが「今、楽しいんだろうなぁ~」と思わせてくれるって意味では奏功してるかも。これは敢えてアタマ空っぽにして「ワッショイ!」ってシンガロング(?)したくなる。多分ライヴは相当意識して作ってるんだろうから、そういう意味ではバッチリな出来と言えるんだろう。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ロック

未来浪漫派

やっと書けた。

もうね、チビが生まれて忙しくなってアルバム一枚ゆっくり聴く時間が取れなくなったってのもあるけど、「印象が薄い」。これが半年近く掛かった一番の原因なんじゃないかと思うわけだ。

2枚組ベストの新曲にも表れていたように、曲展開は複雑だしメタルというよりもブルース混じりのハードロック風味が強い。でクリムゾンからの影響でしょ、そこはかとなく文学チックな和嶋慎治(Gu./Vo.)の歌詞に、ちょっとおバカな鈴木研一(Ba./Vo.)の歌詞でしょ。モロ人間椅子の世界だし、曲の練りこみも前作より上で良い感じではある。

ただ、変に垢抜けたと言おうか、ここまでやってきた年輪がそうさせていたのだとすると複雑なのだが。

続きを読む


テーマ : ロック

人間椅子傑作選 -20周年記念ベスト盤-

何度も言うが、個人的にベスト盤は好きじゃない。でもこれは何の疑問も持たずに予約した(高いのに)。

何と言っても入手困難な音源の新録だ。しかも全てフルバージョン、かつ歌詞もオリジナル。さらに新曲まで収録というのだから、古参のファンも、いや古参のファンこそ堪らない。

続きを読む


テーマ : ハードロック

真夏の夜の夢

鈴木研一(Ba.)、剃髪!前々から感じてはいたが、不惑を迎えた彼らの行く先は“侘び”の世界なのか?

いやいや、なかなかどうしてそうでもないらしい。冒頭「夜が哭く」は、デビュー当時の彼らを髣髴とさせるではないか。

続きを読む


テーマ : 洋楽CDレビュー

瘋痴狂

「あれ?新譜出てんじゃん。早く買わなきゃ!」

メルダック/トライエムの身売りに関係してか、公式サイトの新着情報に載らず、ひっそりと発表されていたこの作品。そのため期待も先入観もなく受け止めることが出来た。だからというわけじゃないが、好きな作風。

続きを読む


テーマ : ハードロック

三悪道中膝栗毛

第一印象は”地味”。おいおいどうしちゃったんだ、寄る年波には勝てないのか。それとも儲かってないのが創作に影響しまくってる?

しかし待て。作品中に漂う、そこはかとないブルース臭さは。主に和嶋慎治の作だが、つまりこの”地味さ”も、古いロックを狙ったものなのだ。

続きを読む


テーマ : ハードロック

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。