Topic Path

トップ > 2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Monochrome

monochrome.jpg

遂に、日本盤は出なかった!だから必然的に通販で入手!もう『あの人は今』状態である!かつてロックの流れを変えたバンドだとは思えないぜ!

・・・と何だか自虐的になってしまったが、プライマスはじめ、現在の国内におけるオルタナの扱いなんてこんなもんである。まぁね、人間椅子好きがこんなことで動じるわけないの。むしろこの新作が出たことを知れただけでラッキーだと思わなければ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ロック

Size Matters

sizematters.jpg

「あれっ?いつの間に復活したの?」

病気療養中、実家に向かう途中の長野駅前で偶然見つけたわが目を疑った。『もうヘルメットとしての活動はしない』と公言していたペイジ・ハミルトン(Vo./Gu.)。度々いうことが違ったり前言撤回したりする彼の言動も、今回ばかりは嬉しい誤算。

続きを読む


テーマ : ロック

Aftertaste

aftertaste.jpg

残念な音だ。なにせ、俺の嫌いなテリー・デイトだ。

ギタリストが脱退して、3ピースになってしまったというのはあるだろう。しかし、とにかく薄くて駄目。デイトが駄目なのはVODもサウンドガーデンも同じだった。唯一の例外はパンテラ。なんであんなに合ってたんだろう・・・?。

まあね、今聴きなおせばそれなりに『ヘルメットらしい』作品ではある。でも当時はショックだったな。

続きを読む


テーマ : ロック

Down Ⅲ: Over The Under

Down III : Over The Under

「ダウン復活キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!」

これが発表を聞いたときの偽らざる心境だ。

ダイムバッグ・ダレルの死後、音信の途絶えていたフィル・アンセルモ(Vo.)。盟友の死、ハリケーン・カトリーナ、自らの手術・ドラッグ依存克服と幾多の試練を乗り越えた5年ぶりの作品・・・これだけ色々の要素があって、期待しないほうがおかしい。

続きを読む


テーマ : ロック

Down II

Down II

もはやストーナーではない。これはまぎれもなく”ロック”だ!

レックス(Ba.)の加入で、すっごく強い音になった。パンテラの強烈な衝撃力もあのゴリゴリサウンドによるものだったという、あまりに今更な再発見。

続きを読む


テーマ : ロック

Nola

Burrn!でもフィル・アンセルモ(Vo.)のサイドプロジェクトとしていくらか紹介されていた。でも当時はパンテラ好き好きで、全然聴く気も起きなかった。渋過ぎな高校時代の反動からか、とにかく激しいものを求めてたんで、しょうがない。

興味が出たのはやっぱり『ストーナー』というキーワードからだ。

続きを読む


テーマ : ロック

Alright, Still...

Alright, Still... / Lily Allen

たしか、ロッキング・オンについてきたサンプルCD(収録曲は「Smile」)で知ったんだよな。それも「おっ、結構良いねぇ」とは思った。だが個人的には「LDN」が思い出深い。

丁度その頃車内でFMラジオを良く聞いていて、かかったときに「うわー!キタコレ!」って感じ。当時猛プッシュされてたから、その後はコンビにでも家族で入った食べ物屋でも耳に入る機会はいくらでもある訳だ。で、買いに走ってしまった・・・こういうミーハーなところは親父譲りか。

続きを読む


テーマ : ポップ

It's Not Me, It's You

前作で一気に有名になりすぎたせいか、金髪にしてみたりパパラッチに暴行を加えたりとプチ奇行が報道されていた。「結局こいつもただのセレブだったのか・・・?」と残念な気分になったりもしたが、このアルバム聴いてちょっと安心した。

何ていうか、音楽へ、ってか生き方のスタンスは変わってねぇんだなと。

続きを読む


テーマ : ポップ

The Alchemist

The Alchemist(錬金術師) / Witchcraft

いやー、このアルバムの何が凄いって、音が現代のレコードとは思えない。どう聴いても70年代の音作りにしか聴こえない。はじめて聴いたとき、ほんとぶったまげた。はっきりいって「全日本フォークジャンボリー」でも始まったかというくらい、ブラック・クロウズもびっくりのレトロっぷり。

しかしこれがどーもクセになる。

続きを読む


テーマ : ロック

Wolfmother

Wolfmother(狼牙生誕!) / Wolfmother

再生ボタンを押す。ややあって、「ゥワ~~~~~オ!!!」・・・お前、いつの原始人だよ。

そして続くはブーミーにも程があるガレージ風ファズ・サウンド。軽い眩暈すら誘うアナクロ感、どっから来たのかと思えばオーストラリア。やっぱり隔絶されて独自の進化を遂げた種なのか?(失礼)

続きを読む


テーマ : ロック

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。