Topic Path

トップ > スポンサー広告レコード > 羅生門

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅生門

羅生門

ひとことで言って、渋い。古いロックのエキスが凝縮してる。バンドブームの頃にたくさん出てきた有象無象のバンドとは、そのへんが明らかに違う。しかも、じめっとした「日本的な」暗さってのも椅子でしか持ち得ない。あ~、日本に生まれて良かった!としみじみ思うのだ(ちょっと大袈裟か?)。

でも、タイトル曲を聴いてほしい。和嶋慎治の大正琴も最高な、「和風メタル」の傑作。好きな人には悶絶ものである。わかるかな?わかって欲しい!

プレイヤー連中には堪らない要素が盛りだくさんってのも、「渋さの素」だろう。例えばシンプルだけどスタジオの反響まで聴こえてくるサウンド。何気に凄い「埋葬蟲の唄」間奏部のベース。

またとかくサバス・クリムゾンと言われる彼らだけど、よく聴くとバッジーからの影響も聴ける。当時は相当マニアックだったろうバンドだ。こんなところも激渋。

ここまで書いてきて、やはりこれは「スルメ盤」だということに気づいた。スルメは良い。スルメを次世代まで語り継いでいこうではないか。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • web拍手

テーマ : ハードロック

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。