Topic Path

トップ > スポンサー広告レコード > The End Of Heartache

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The End Of Heartache

「New Wave Of American Metal (NWOAM)」。何じゃそりゃ!アメリカはいつメタルが復活したんだ!と吃驚した。なんでもハードコアがメタル色強くなって、そのままもろメタルな連中が注目されるようになったんだとか。へぇ~。

で、聴いてみたわけだ、キルスイッチ・エンゲイジを。

何が凄いって、ボーカルが黒人だ。

いや、これだけじゃまるで私がレイシストみたいじゃないか、んなこたぁない。アイス-Tだってメタルみたいな音楽やってたことあったじゃないか。・・・でも日本人からするとどうしても『金髪碧眼の王子様』みたいなイメージがあるだろ?メタルって。だからカイ・ハンセンみたいに禿げると散々それをネタにされ・・・

いや、話が逸れた。

彼らはメタルコアの聖地(?)マサチューセッツ州出身で、そっから「MAメタル」と言うんだとか。日本人はアホです、本当に。そんな話はどうでもいいのだが、軽薄極まりなかったLA(ヘア・)メタルとは対照的に流石メタルコアというだけあって

  • '80年代 Iron Maiden~パワメタのメロ
  • '90年代極悪メタル勢の激烈ユニゾンリフ
  • ストレートエッジ(SxE)系HC(ハードコア)のエモーション

を全部一遍に持ち合せている。つまり'90年代までに出てきたハードな音楽のおいしいとこ取り。しかもヴォーカルのインパクトだ。黒人だけに、太くて艶のあるイイィ~声をしているね。欲を言えば、皆おんなじような曲ばかりだから、飽きる。

まぁ、パンテラのときのような衝撃はなかったので、多分今後を追うことは無いだろう。よっぽど話題になれば別だが。でもYouTubeとか見た限りでは、ライヴは面白そう。DVDとかなら見てみたい。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • web拍手

テーマ : HR/HM

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。