Topic Path

トップ > スポンサー広告レコード > The Miss Machine

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Miss Machine

カオティック・コア」とは一体なんだと、気になって仕方が無かった。何と言ってもあぶらだこを超えるカオスがあるのかと、そういう気持ちでYoutubeなどを探したものだ。

そんな中で見つけたのがデリンジャー。Beast Feastのコンピか何かで知ったのだが、確かに何やってんだか意味不明。グラインド・コアやジャズの影響を強く受けているらしく、非常にフリーフォームそしてアヴァンギャルドな激音。そんなこんなで当時の最新作を手に取った訳だが、ただ難解なだけじゃなく存外に幅広い。

1stである前作とも比べられるのだが、結構ストレートな曲もあり”聴きやすくなってしまった”ようだ。耽美的なシンセだのストリングスだのはぐちゃぐちゃなハードコアマニアには不評だったとのこと。たしかに初めて聴いたコンピの音を全編に期待していると、肩透かしかもしれない。

とはいえ、全体として聴き手を突き放す嵐が吹き荒れていることは間違いない。曲名が可笑しい初っ端の「Panasonic Youth」からして強烈だ。むしろそんな中にニューウェーブ的な曲を挿む彼らの姿勢はかなり挑戦的とも言える。まぁ全員何だかお洒落な服装でキメていることも含め、所謂ハードコアやメタルの”様式”を足蹴にするような挑発的アティテュードが賛否を呼んでいることもあろう。

でも何となくその感覚分かるんだよな。私も特定の集団に強い帰属意識(忠誠心)を持つ、ってことが出来ない。なるべく型に嵌りたくないというか。弁証法的に見れば自分の意識だって環境の変化に伴って変わっていくのは自明のことなんだけど、しかしそういうヤツはどこへ行っても「腰掛け」だと思われるのが世の中の常だ。だからこそこういう「中途半端」な奴らには意地張って生き残ってもらいたいもんである。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • web拍手

テーマ : HR/HM

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。