Topic Path

トップ > スポンサー広告レコード > Lonesome Crowded West

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lonesome Crowded West

Lonesome Crowded West / Modest Mouse

出会いは'99年、モデスト・マウスがJAPAN TOURとして松本にやってきたとき。バンド仲間の先輩が捌いていたチケットを買ったら、「the lonesome~」を聴かせてくれた。なんにも知らなかったバンドだが、その不思議な音にはかなり興味をそそられたものだ。

で、そのライブでもう完全に好きなバンドになってしまった。

ヒステリックでありながらどこかメランコリックなサウンド。決してラウドではないけれど、エモーショナルで激しいヴォーカル。金髪捲毛が妙にキュートな当時のドラマーの叩き出すでタイトなビートが聴衆をぐいぐい引っぱり、私はいつの間にかこの3人組が作り出した”醒めた興奮”のなかでポゴしていた。

それはまるでドライアイスのように不思議で、これまで体験した音楽とも違っていて、それまでハードでヘヴィなものを求めていた私に新しい種を撒いた。

はっきり言って、彼らのバイオグラフィーとか志向するところなんかはさっぱり知らない(今だに)のだが、”俺解釈”的にはパンクアティテュードの元にニューウェーブやコンテンポラリーフォーク的なメランコリーをブレイクビーツ以降のビート感で表現した、『オルタナティブ』の最たるものという印象。よく考えりゃ、こんだけ意識して「オルタナたらん」としているということは物凄くスノッブであると思う。文字にすると、世紀末をシニカルやダダで飾り付けたアートスクールの学生みたいだ。

しかし彼らは髭面であった(一人を除く)。そして現れ出る音楽はそんないけ好かないものではなくて、むしろその『ヘニャヘニャなローファイロックバンドがコンチクショー的情熱を思い切り叩きつけた系奇跡の輝き』はまぎれもなく”ロック”。

つまりどっか小っ恥ずかしさがあるのだ。たしかライブのときもフロイドローズ的アーム付きのコンコルドヘッドギターに「何でだよ!」と突っ込みたくなったが、今思えばそれってすっげぇパンクなんじゃないか?つまり様式なんてどうでもいいっていう。

それはステレオタイプな「既存のロック」的価値観に迎合しないという意思だ。「俺はそんなの嫌なんだ!」という青臭い若さの爆発だ。そしてその若さで自分が刺激を受けたものをこねくりまわしてひねり出した奇跡の輝きが、ここにはある。いつの世も、はみ出し者のカウンターにこそ時代を射抜く鋭さが宿っているものだ。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • web拍手

テーマ : 洋楽ロック

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。