Topic Path

トップ > スポンサー広告レコード > The Number Of The Beast

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Number Of The Beast

何をいまさら、というくらい名盤中の名盤。邦題『魔力の刻印』。

実を言えば、はじめて聴いたのは最近の話。高校1年の時、後に”タイルマン”で一緒にバンド組むことになる同級生が色々押し貸ししてくれたのだが、よく考えるとメイデンは2nd「Killers」4th「Peace Of Mind」の2枚のみ。あ、ちなみにアナログ盤でしたよ。

で、Killersの方にかなりハマったのだけど、Peace Of Mindはイマイチだった。今思うとドラムのせいなんじゃないかと思うが、それも5th「Powerslave」(てかその1曲目「Aces High」)を聴いてどうでも良くなった。で、ブッコフ行ったらあったので買ってきたと。ちょい高めだったけど、名盤というのは聞いてたので。

それで?ああ、ええ、もう速攻ノックアウトですわ。

確かにポール・ディアノの歌の方が好きだ。しかし最近ついに鬼籍に入ってしまったクライヴ・バーのドラムは最高の一言だし、なにより曲が良い。まぁラスト「Hallowed Be Thy Name」なんかははディアノじゃあそこまでドラマチックにならなかっただろうしね。それに(これはプレイヤーとしての聴き方になっちゃうんだろうけど)ベースらしいベースの音がするのだ。メタルというよりはより「ロックっぽい」と言えるだろう。

それにしても、1曲目から、ここから影響を受けたであろう幾多のバンドの名前がゴロゴロ浮かぶ。まぁスラッシュメタル以降を語るのに絶対避けて通れないNWOBHMの傑作なんだからそれも当たり前だ。聴くのがこんなに遅くなってしまったが、ロック好きなら棚に置いておくべきクラシックスのひとつなんじゃないのかな。あ、でも若い子たちに名盤だって薦めても素直に受け止めてくれるかわかんないけど。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • web拍手

テーマ : HM/HR

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。