Topic Path

トップ > スポンサー広告レコード > Size Matters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Size Matters

sizematters.jpg

「あれっ?いつの間に復活したの?」

病気療養中、実家に向かう途中の長野駅前で偶然見つけたわが目を疑った。『もうヘルメットとしての活動はしない』と公言していたペイジ・ハミルトン(Vo./Gu.)。度々いうことが違ったり前言撤回したりする彼の言動も、今回ばかりは嬉しい誤算。

しかもメンバーが凄い。テスタメント~ホワイト・ゾンビ等のジョン・テンペスタ(Dr.)、アンスラックスのベース・モンスター、フランク・ベロ!メタル界に助けを求めたのは開き直り?

その影響か、サウンドはちょっと湿り気があって、重い。そしてグルーヴィ。特徴的な上下に揺さぶるような感覚とはちょっと違うが、やっぱ安定してる。スゲー。メタル恐るべし。

また、セカンド・ギタリスト(クリス・トレイナー)の加入で、音像が厚くなった(そりゃ、3ピースに比べればなぁ)。別の周波数帯域が鳴ることが大切なんだろうと実感した次第。

総体的に、出世作「Meantime」のように暴走こそしないものの、正確且つ時折変則的なリズムと一緒に転がっていくこのダイナミズムはやはり唯一無二。なんだかUKロック的ですらあるボーナストラック含め、“歌”が前面に出ているのは前作と同じ傾向で、コアなファンにはやっぱ受けが悪いみたい。でも個人的には復活を告げる作品だった。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • web拍手

テーマ : ロック

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。