Topic Path

トップ > スポンサー広告レコード > Building Nothing Out Of Something

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Building Nothing Out Of Something

えーと、またNothingとSomethingがタイトルにありますが、気にしないように。もうこれは青空球児好児の「ゲロゲ~ロ」と一緒です。

一聴したときの印象は、「可愛いな」と。

焦点が定まっているということなのか、ぎゅっと詰まった楽曲でもともと持っていた透明感が強調されて、壊れやすいおもちゃのオルゴールをひとり愛でているような、危うい美しさがある。

ロック的なエッジやアタックはほとんど聴かれず、子ども時代の気だるい小春日和の午後のような、ちょっとラウンジ風味なリズム。ジャケのせいもあるのかも知れないが、美しさの中にユーモアとかペーソスを感じる音は、どこか絵画的と言っていいんじゃないかな。とにかく聴く度にお茶を入れたくなるアルバムだ。

お茶入れて、本を読む。子どもたちも側で本を読んだり落書きしたり。後ろからカミさんの焼くケーキの甘い匂い。南側の窓の向こうには傾きかけた日が差す、暖かい日曜の午後。しばらく時間が止まってしまえば、このまま明日からの仕事のことも暗い世相も忘れていられるのに。また子どもたちのように時間を忘れて遊びつづけることはできないもんかな。大人になるってこんなことだったんだっけ・・・

でも否応なく過ぎていく日常に、滲んだ涙もいつの間にか乾いていく。頭の上を飛び交うもの凄い量の情報に疲れたら、ここに戻ってくればいい。いいじゃないか、逃避だって。それが明日からの生活を支える場所なら。子どもだって、秘密の遊び場のひとつくらい持ってるもんだろ?

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • web拍手

テーマ : 洋楽ロック

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。