Topic Path

トップ > スポンサー広告レコード > Cosmic Egg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cosmic Egg

おい、お前バッジ─好きだろう?そんな感想。つまり、完全に”古いメタル”になっているのだ。

いや、もっと言えば実は椅子聴いてるだろう?みたいな。ヴォーカルも椅子の二人とはまた違った意味のキモさだけど(どっちにも失礼)。

いや、ある意味では予想通りなのだが、つまるところ前作(1st)の”鯖が過積載のトラック”みたいなぱっつんぱっつん感は脱退したリズム体二人によるものだったということがはっきりしてしまったのだ。

だから、音楽面ではアンドリュー・ストックデイル(Gt./Vo.)が完全に主導権を握っていたということもよく分かる。基本的には前作から変わってない。なかんずく”くっさい'70thメタル”が好きな人にはたまらないアルバム。私もそう。聴いてて滅茶苦茶しっくりくるし。

だけど、やっぱり”巧さ”が目立ってしまい少々こぢんまりした印象を受ける。まぁ、復活後のメガデス程ではないけど。まぁ、焦点はよりはっきりした訳だし、聴いていて心地よいことは確か。今後もアンドリューがいる限りは安定した作品を出してくれそうな気はするが、しかしあの闇雲な爽快感を残して走り去った暴走超合金変形トラック(それってコンボイ?)のエンジン部分の動向が気になってしまうのも正直なところである。

余計なお世話だが、これからはロッキング・オンじゃなくてBurrn!の守備範囲だろうな。その辺(好み)で評価が分かれそうな作品。

(もう少し聴き込んだら追記するかもです)

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • web拍手

テーマ : 洋楽ロック

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。