Topic Path

トップ > スポンサー広告レコード > あぶらだこ(7:舟盤)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぶらだこ(7:舟盤)

コンセプトアルバム?あぶらだこが?ちょっと信じられなかったが、確かにコンセプトアルバム。全体に一貫した雰囲気と流れがある。

もともと相当に敷居の高い音楽(音楽ぅ?)だ。コンセプトアルバムという形式は、その敷居を更に高くしてしまったが、もはやそんなの世間的にどうこういう問題じゃないから、まぁよしとするか。その代わりと言っては何だが、音がメタクソに良い。こんなクリアな音、ちょっと今までになかったと思うくらい。それを体験するためだけに聴いてみてもいいと思う。

歪みが抑えられ、輪郭がくっきりとした音像は非常に繊細で、まさに水面を滑るような雰囲気は、『出港から入港までの間を物語形式に』というコンセプトにぴったり。奥行きのある音像に、テルミンやハモニカ、狂気の篳篥など表現の幅を広げる楽器の導入。まぁ一方では初期からのファンを複雑な気持ちにするのかもしれないけど。

しかしもう本当、重要無形文化財に指定したいくらいの音楽だ。前作でも感じたが、これはもうほとんど能の世界じゃないだろうか。バンド形態はロックだけど、表現内容は最早ロックじゃないだろう。何度も言うが、彼らはもう完全にアートの文脈で語られるべきで、いい悪いとか駄作名作とかそんな次元で語れないのだ。しかも唯一無二すぎてフォロワーがいないと来てる。だからもう人間国宝ズになって欲しいわ、早いとこ。

さて、今作はなんだか全体にノリノリなのだが、あまり変拍子でガギゴギ言わせない分、力が抜けているってことだろう。前作が壮絶すぎたことの反動だろうか。とは言え一般的には充分壮絶な内容なのだが、M4のタイトルと言いM9「キャット空中大三回転/瞼の母も/キット海中半回転」と言い、これだけ壮絶な楽曲でいまだにこんなこと言ってるセンスが凄すぎる。エンディングの突き放し方も凄まじく、一体彼らはどこまで行くのだろう、と狐につままれたような気分になる。

(ホント何度も言うけど、点数なんて”気持ち”です、気持ち。)

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • web拍手

テーマ : オルタナティブロック日本代表

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。