Topic Path

トップ > レコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Never Turn Your Back On A Friend

メタル・ハードロック史における、知る人ぞ知る的な作品。

どの筋に有名かと申しますと、まぁここ読んでる人は知ってますよね。M1「Breadfan」をまずメタリカがカヴァーしてる。さらに我らが人間椅子による「針の山」ですよ。

そう、結局この2曲から知ったクチなわけ。良くも悪くもそれに尽きる…とオトしてしまいたいところだが、どっこいなかなか聴き所も多い。

続きを読む


テーマ : HR/HM

此岸礼讃

2枚組ベストアルバム、そしてこれも2枚組(+DVD付)ライブアルバムが好評で、自信をつけたのだろうか?霧が晴れたように自然に”和風メタル”している。ハイとプレゼンスが出てるのかな?すごく音のレンジが広い気がする。そんなところも含め、一曲目のガリガリなイントロからイケてます。

まぁ、歌詞や世界観的には良くも悪くも”いつもの人間椅子”といったところで、正直苦笑を誘うような部分もある(笑)。だが音がビシッと前に出てきていて、全体の印象が良いのでご愛嬌でどんどん聴き進められた。いや、『阿呆陀羅経』『光へワッショイ』あたりは逆にアホっぽさが「今、楽しいんだろうなぁ~」と思わせてくれるって意味では奏功してるかも。これは敢えてアタマ空っぽにして「ワッショイ!」ってシンガロング(?)したくなる。多分ライヴは相当意識して作ってるんだろうから、そういう意味ではバッチリな出来と言えるんだろう。

続きを読む


テーマ : ロック

Killing is my business... And business is good!

よくよく考えてみると、これも自分の原点のひとつ。

一時期ボストンとかのアメリカン東海岸系ハードコアにハマったけど、それでもやっぱりメタルの鋭さと言うか線の細さというか、そんなものが欲しくなってモロコアな奴にはなれなかった。それはコイツのせいじゃなかろうか。

なんしろ音は悪いんだけど、この闇雲なテンション、やたら喧嘩っ早そうな音楽性、何事もやりすぎは馬鹿にしかならないという典型例であり、なかんずくサイコー。特に、自分の曲を"勝手に"使ったメタリカに対する執念、いや怨念をぶち込んで熱いガソリンも俺の手でプシャァァアアアな「Mechanix」は文句なし。いやこれはパンクですよ誰が何と言おうと。

そう歪んでるの。ただの「ワル」でも「オタク」でもない、どっちにもなりきれない故にどっちでもあって中途半端であることへの苛立ちをフラストレーションとともに偏執的テクニックに昇華させた異形の徒花。これこそが時代に中指を突きつけるFuxxin'メタルだろう。

あぁ、一度でいいからこのくらい世間に唾吐きまくって生きてみたいもんだ。案外ストレスたまりそうだけど。

「Rattle your Goddamn head!!!」


テーマ : HR/HM

Full Contact

自称「ドラヘビ」の3rdアルバム。ジャケットは、表が虎、裏が蛇。この馬鹿っぷり、大好き。

そしてCD帯にふんだんに散りばめられた昔のプロレスパロディネタ。その馬鹿っぷりも、大好き。

オーディオアクティブともカブるメンバーが在籍し、日本の『マリファナ解禁要求運動』の一翼を担っている。そんな馬鹿正直なところも好感が持てる。

続きを読む


テーマ : CDレビュー

DUB Creation

彼らはやはり生レゲエのみのバンドじゃない!

From Creation」と対をなすアルバム。

こちらはわざわざ「DUB」と冠しているだけあり、ディープかつクレイジーなエコーがカンカン言ってます。ハッパはできませんが、酒引っ掛けてでかい音で聴くと、いい気分かも~(ヘラヘラ)。

どっちかしか聴けないというなら、こっちをお薦め!


テーマ : CDレビュー

Recommend
字の大きさを変える
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
カテゴリ
検索窓(非森田)

RSSフィード
カウンタ
あなたも国際派
リンク
Twitter[ZtormJP]
最新記事
カテゴリ
月別記事
タグクラウド
Contact me

your name:
your address:
subject:
message:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。